×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ミュゼ京都四条通り店《ネット予約限定》お得なキャンペーン!

脱毛サロンなどで、使われている脱

脱毛サロンなどで、使われている脱毛法は、光脱毛という種類の方法です。
光脱毛は、1998年以降、日本でも一般的に使われるようになってきました。



医療レーザー脱毛と比較してみた場合、光の出力の強さを押さえているので、それほど痛みがなく、肌に掛かる負担が少ない特長があります。

ミュゼプラチナムなどの脱毛サロンで採用されているスムーズスキンコントロール方式も光脱毛に分類されますが、「痛いのはちょっと・・・」という方におすすめしたいです。

自己処理で、むだ毛を剃ったり抜いたりしていると、人によっては、埋没毛が出来てしまう時があります。


つまり、皮膚内で毛が成長してしまうことです。体内で吸収される場合もありますが、炎症を起こしたり赤く腫れたりしてしまうこともあります。埋没毛を防ぐためにも、脱毛エステに通うようにしましょう。SSC脱毛をうける点で注意すべきなのは、永久脱毛は出来ないという点ですね。

ニードル脱毛やレーザー脱毛と比較すると、脱毛効果という観点では負けてしまうところはあります。ただ、痛みは出来るだけ少なくしたい、気軽に脱毛をしたいという方には、こっちのやり方の方が、合っていると思います。襟足のムダ毛が処理されていないと、後ろの髪の毛をアップするのが恥ずかしくなってしまいます。うなじも美しありたいと思う女性は、少なからずいらっしゃいますが、襟足という部位は自己処理するのが見えない分、やりづらいので、ミュゼプラチナムで、脱毛した方が良いと思います。



男の方に、女の子のむだ毛が、気になるか聞いたところ、5割以上の人が、気になるというアンケート結果が、出たそうです。女子のむだ毛を見て、幻滅までした男性も、なんと16.8%いたそうです。


女子とお付き合いをする時、一番重要なのは内面なのでしょうが、第一印象はやはり大事ですから。

ミュゼなどの脱毛エステに通うよりは、家庭用脱毛器で済ませてしまう方がいいんじゃないかと思う人もいます。一見便利そうにも見えます。

ただその一方、家庭用脱毛器だと、見えない部分のムダ毛を処理するのは実際難しいです。


そのような観点から見て、やはり脱毛エステに通う方がより確実だと思いますよ。わき毛脱毛をする方々が多いですが、たとえワキガ(腋臭症ともいわれる腋窩の汗が独特の悪臭を発する症状のことです)スッキリしても、ひしの下に毛があると、ちょっと残念な印象になってしまいます。ひしの下のムダ毛を処理すれば、腕がすべすべした感じになり、女の子のとしの魅力が引きたつようになります。



この部分は何だかんだいって、見られることが多いですから、しっかり脱毛しておきましょう。



生理期間に突入すると、ハイジニーナのみNGというサロンもあれば、施術自体がダメというところもあります。

なんとなくというと、生理が始まると、体が敏感になって、痛みを強く感じてしまったり、肌荒れがひどくなってしまったりするためです。

そのため予約日と生理日がバッティングしないようしっかり調整していきましょう。脱毛サロンに通う場合、日焼けはしない方が良いという話があります。


その理由は、大抵の脱毛法では、施術をする時、光をメラニン色素に反応させて脱毛をしているからなのです。そのような理由から、日焼けをしてしまったら、肌のメラニン色素が増加して、それだけ光に強く反応して、より痛みが強くなってしまうわけなのです。

脱毛をするサロンの予約が、なかなか取れない場合は、思い切って、会社で休みを取って、平日の昼間など、空いている時間帯を狙うようにしましょう。また当日、脱毛サロンに連絡をしてみたら、直前キャンセルの方が出て、上手く予約出来たりすることもあります。


あとは脱毛をする人が少ない冬の時節から、通い初めてしまうというのが、予約が取りやすい方法です。

関連記事はこちら

MENUリスト

■メニュー

Copyright (C) 2014 ミュゼ京都四条通り店《ネット予約限定》お得なキャンペーン! All Rights Reserved.